まごころの宿 丸定がこだわる「的矢かき」とは。 | 伊勢志摩|的矢かき | 的矢牡蠣(まとやかき)フルコース・伊勢海老・姿造りいけす料理が食べれる志摩スペイン村から車で3分の料理旅館

佐藤養殖場を丸定主人が解説する

佐藤養殖場の「清浄的矢かき」

的矢牡蠣
海のミルク的矢牡蠣

「海のミルク」と呼ばれるカキは、ほとんどすべての栄養素をバランスよく含み、必須アミノ酸をすべて含有し、糖質のグリコーゲンが豊富で、ミネラルやビタミンも均等に含んでいます。 「生ガキにあたる」というのは、実はこの栄養価の高さも一因で、それだけ菌が増殖しやすいからなのです。 カキは、1時間あたり、17リットルから20リットルの海水を体内に通過させ、餌をとり排泄します。佐藤忠勇氏は、この時にカキ自身が、餌と一緒に体内に取り込んだ細菌を排出することに着目、カキを紫外線灯によって滅菌させた海水で18時間以上飼育することにより、体内が浄化され、ほぼ無菌状態のカキができることを発見しました。以来、佐藤養殖場の「清浄的矢かき」は、生で安心して食べられる高品質なかきとして、広く市場に認められています。

佐藤養殖場とは。

当館は佐藤養殖場 清浄 的矢かきを使用しています。

佐藤忠勇博士
佐藤忠勇博士

1925年(大正14年)に佐藤忠勇氏[1887年~1984年]は、志摩半島の入り江のひとつ、的矢湾に佐藤養殖場を設立、牡蠣の養殖に着手しました。
志摩半島の山を水源とする3本の川が流れ込み、プランクトンが豊富で栄養豊かな海水と、波の静かな湾内が牡蠣の養殖に最適であることを見抜いた佐藤氏は、1927年(昭和2年)に現在の養殖形態のもとになる筏(竹)を使用して1年カキを養殖し、翌1928年(昭和3年)に本格的な経営に着手するとともに、1930年(昭和5年)に貝類の研究及び湾内の観測のため、的矢湾養蛎研究所を設立しました。
1953年(昭和28年)には紫外線利用によるカキ浄化法を開発、1955年(昭和30年)に特許を取得し、「清浄的矢かき」として販売を開始しました。以来、的矢湾の自然環境に調和した養殖法と浄化技術により、高品質なカキを生産しつづけています。

佐藤養殖場の外観
佐藤養殖場の外観

佐藤養殖場では、プランクトンが豊富な漁場環境を生かして、他県では2~3年間養殖するカキを1年で出荷するため、1年貝特有の渋みが少なく甘味が強いカキが生産されています。また、垂下しているカキを出荷の1ヶ月ほど前に一度海から引き上げ、一粒づつ籠に入れて再び約1ヶ月養成するため、身入りがよく、むらのないカキが生産されています。
東京、関西など全国の約700のレストラン、ホテル等に直接出荷されており、その品質への高い評価から、他所で生産されるカキよりも高値で取り引きされています。

佐藤忠勇博士の経歴
佐藤忠勇(さとう ただお)

佐藤忠勇(さとう ただお)
東京本所生まれ(1887~1984)
1962年 藍綬褒章
1965年 勲4等叙勲
1978年 日本水産学会 名誉会長
1984年4月1日 97歳で天寿を全うされた

1973年(昭和53年2月1日発行)暮らしの手帳 第52号 暮らしの手帳出版社
1973年(昭和53年2月1日発行)暮らしの手帳 第52号 暮らしの手帳出版社
1973年(昭和53年2月1日発行)暮らしの手帳 第52号 暮らしの手帳出版社
1973年(昭和53年2月1日発行)暮らしの手帳 第52号 暮らしの手帳出版社

「1973年(昭和53年2月1日発行)暮らしの手帳 第52号 暮らしの手帳出版社」より引用

佐藤忠勇博士が存命中に暮らしの手帖出版社が1年間かけて取材したものです。

三重ブランド

三重ブランド的矢かき

お客様の声

1泊の家族旅行で利用しました。
直前の予約でしたが、たくさんの施設のパンフレットや割引券、お得な情報を郵送していただいたおかげで、志摩スペイン村と鳥羽水族館にとてもお得に行くことができました。
初日にスペイン村に行ったあと、チェックインの時間の変更のために電話したときに、細かい道順やお部屋に冷蔵庫があるので持込OKだと教えてもらい、とても助かりました。
スペイン村からは5分もかかりませんでした。
チェックイン後にお風呂→夕食にしてもらいましたが、食事はどれもおいしくて、家族みんながお腹いっぱい大満足でした。
園児の子供にはお造りやエビフライ、茶碗蒸しなど。
小学生の子供には大人のメニューを少し変更したものでした。
大人には、好き嫌いを都度確認していただいて、私の苦手なものはその場で変更してもらえました。
お風呂が離れにあり24時間OKでしたが、更衣室のロッカーの一番下の段がホコリだらけで、下の子が気がつかずに脱いだ服を入れてしまいました。
翌朝お風呂に行ったときは、洗面台に髪の毛が落ちたままだったり、ゴミ箱がいっぱいのままだったのが気になりました。
翌朝の朝食もとてもおいしくてボリュームがあって、小学生の子供が朝からめずらしくおかわりしていました。
食後のインスタントコーヒーと紅茶のサービスがうれしかったです。
お風呂のことだけちょっと減点ですが、海が見えて木に囲まれて鳥の声が聞こえる、とてもいい旅館でした。
食事がとても気に入ったので、トータルでとても満足しています。
宿泊客が我が家だけだったこともあり、子連れでしたがのんびり過ごすことができました。
主人が、次はカキの時季に行きたいと言っています。

お客様の声

木造和室のお部屋でしたが、お値段から考えれば妥当だと思います。
お風呂も気持ちよく利用させていただきました。
タオル類は拘られる方はご自分のものをお持ちになられた方がよろしいかと思います。
お料理はどれも美味しくいただきました。
追加を考えていましたが、その余地はないぐらい量も十分にありました。
お酒もお手頃のお値段ですので、お持ちになられるよりもオーダーした方が楽です。
夕食時にテーブル席から花火を楽しむことができました。
またカキのシーズンに利用したいと思います。

↑ PAGE TOP